TEL
MENU

腱鞘炎

このようなお悩みはありませんか?

・手首が腫れぼったくズキズキ痛む
・手首の曲げ伸ばしをすると痛い
・痛みで指先が思うように動かせない
・痛みで物がつかめない
・パソコン作業で手首を痛めた
・肘もしびれるようになってきた

なぜ腱鞘炎が起きるのか?

腱鞘炎と聞くと手首に負担のかかる作業を続けたり、指先の細かな作業を長時間行なうことで痛みや違和感があらわれる…と思われる方が多いと思いますが、女性の場合は女性ホルモンのエストロゲンが減ることで腱鞘炎が起こりやすいとも言われています。女性ホルモンは腱細胞の増加や壊れた組織の修復に関係しているため、ホルモンバランスが乱れると腱へのダメージが蓄積されやすくなり腱鞘炎が起こると考えられているのです。

板橋区・大山・大山駅の梅﨑整骨院では腱鞘炎も根本原因をしっかりと突き止めて、早期改善と再発防止を目指してサポートいたします。腱鞘炎の初期症状は手首の腫れぼったさや違和感など我慢できることが多いですが、放置していると症状が悪化して物を持てなくなることもあります。板橋区・大山・大山駅の梅﨑整骨院の施術を早い段階で受け、悪化するのを防ぐようにしましょう。

腱鞘炎の予防について

腱鞘炎は一度発症すると再発しやすい症状でもありますが、日症生活での姿勢や動きの悪いクセを意識して改善していくことで予防することも可能です。また、仕事やスポーツなどで手を使い過ぎた時には手首や肩、腕全体のストレッチを行なう、手首の角度に気をつけながら作業をするなど、できるだけ手首に負担がかからないようにすることも大切です。板橋区・大山・大山駅の梅﨑整骨院では国家資格取得者が、施術もアフターフォローも行ないますので、どうぞ安心しておまかせください。