TEL
MENU

足底腱膜炎

このようなお悩みはありませんか?

・歩きはじめの一歩目に痛みがでる
・足の裏が痛くて走ることができない
・歩くだけでも足の裏に違和感がある
・治療をしているのになかなかよくならない
・再発しないようにしっかりと改善したい

足底腱膜炎が起こる原因

足底腱膜炎は偏平足や足の裏の土踏まずの形に問題がある場合に起こりやすく、足裏の腱膜が炎症を起こすことで違和感や痛みの症状があらわれます。歩きはじめの一歩目で痛みが出たり、足の裏に体重がかかった瞬間にだけ症状があらわれますが、歩いたり走ったりしているうちに痛みや違和感がなくなることが多いため、とくにケアもしないで放置してしまう方が多い症状でもあります。

しかし足底腱膜炎をそのまま放置している慢性化してしまい、治りが悪くなることもありますので、できるだけ早目に板橋区・大山・大山駅の梅﨑整骨院までご相談ください。国家資格を取得している板橋区・大山・大山駅の梅﨑整骨院の施術師が、お一人おひとりの足の状態を把握して、早期改善と再発防止を目指して施術を行ないます。

足底腱膜炎のセルフケアについて

板橋区・大山・大山駅の梅﨑整骨院では足底腱膜炎のセルフケアについても、分かりやすくご指導を行ないます。マッサージやストレッチを行なうことで改善や予防に繋げることも可能ですので、板橋区・大山・大山駅の梅﨑整骨院の施術と併行してご自身でも日頃からケアを行なってください。痛みや違和感がある場合には基本的に安静が必要ですので、無理をすることなく出来る範囲で続けることが大切なポイントです。